パソコン教室 花川南salon

Top資格・検定 >試験の概要

試験の概要

Microsoft Office Specialist(MOS)

Word、Excel、PowerPointなどの、MicrosoftのOffice製品に含まれる各アプリケーションの利用スキルを証明する資格試験で、一般パソコンユーザー向けの資格として日本最大規模です。

パソコン検定(P検)

一般的なソフトウェア操作のみならず、コンピュータ知識、ネットワーク、情報モラルなど、ICT利活用スキル全般をカバーした検定資格です。入試優遇の措置を取ったり、単位として認定する大学や短大が急増しています。

パソコン技能検定試験Ⅱ種(認定会場)

ワープロソフトと表計算ソフトを駆使し、データベース機能の活用、様々な図表、グラフなどをともなう文書の作成能力を通じて、パソコンの総合的な操作能力と活用能力をはかります。

文書処理能力検定試験Ⅰ種(認定会場)

入力速度やビジネス文書の作成能力をはかる試験。パソコンのワープロソフトを中心とした活用レベルを認定します。

パソコン基礎検定試験(認定会場)

小・中学生を対象として、正しいタイピング技術や入力速度からワープロ・表計算の基礎に至るまで、将来の日本社会に貢献するパソコン技術の基礎を修得していることを認定します。

日本語タイピング検定(認定会場)

ビジネス文書や解説文など、様々な文章を、見ながらそのままパソコンで入力します。パソコン技能の中でも最も基本的な入力能力を、正確さとスピーディなタイピング能力を中心に認定します。

▲Page Top

Copyright (C) 2008 パソコン教室 花川南salon. All Rights Reserved.